借地権のまた貸し

借地権契約を結んでいる土地を他人に貸したい場合、最初の契約内容によって可能か不可能かが変わってきます。
借主は借地権の土地の上に建物を建てますので、この建物を他人に貸す場合には、必然的に土地も貸すことになります。
こうした状況を最初から想定し契約していればトラブルはありませんが、そうでなかった場合には貸し主とトラブルになるケースもあります。
初期の段階でこうした契約をしていないのであれば、必ず貸し主に許可を得ましょう。

また、他人に貸しても貸し主には大きなデメリットは無く、単純に貸し主が意固地になって承諾してくれない場合には、借地借家法19条1項に従い裁判所に代諾許可の申し立てを行います。
貸し主が承諾した場合であっても承諾料が発生することがあり、ここでの金額は多くの場合で借地権価格の一割程度となっています。
ただし、この場合には借り主が第三者に土地を貸す際に、どのように今後の支払いをするかを決めなくてはなりません。

また、第三者が支払いをする場合には、土地の持ち主に直接ではなく、土地の持ち主と借地権契約を結んだ人物に支払いを行い、借地権契約を結んだ本人が支払いをするのが一般的です。
建物は売却するといったケースでは、土地についての賃借契約について土地の持ち主から契約者の変更を希望されることもありますので覚えておきましょう。
また貸しをする場合であっても、必ず事前に貸し主に対する連絡を入れておくとトラブル回避に繋がります。